This Cruel Yet Beloved World
世界は発見を待っている。
東京カメラ部2019写真展

東京カメラ部2019写真展 世界は発見を待っている。

東京カメラ部10選 2018 写真展

2018年に東京カメラ部とその分室で9億人*を超える人々が総計約1150万作品の中から選んだ作品「10選2018」を中心に新作、自信作を追加。更に2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年に選ばれた10選メンバーを加えた、10選7世代による合同展示。
*9億人:東京カメラ部とその分室がタイムラインで紹介している作品の2018年延べリーチ(閲覧者)数(Facebook、Instagram、Twitterインサイト)に基づく)

また、昨年に引き続き4回目となるアサヒカメラ×東京カメラ部共催「日本の47枚」写真コンテスト作品と東京カメラ部2019写真コンテストInstagram部門、東京カメラ部「令和」フォトコンテスト on Twitter作品、Mastodon部門を加え、約1,200作品を展示予定です。

会場は今年で6年目となる渋谷ヒカリエ(JR山手線、東急東横線・田園都市線などから通路、出口直結)。利便性の極めて高い場所での開催となります。

昨年のヒカリエ9F「ヒカリエホール ホールB」から、今年は約3倍の大きさとなる「ヒカリエホール ホールA」に拡張します。みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

»東京カメラ部10選2018についてはこちら
»東京カメラ部10選2017についてはこちら
»東京カメラ部10選2016についてはこちら
»東京カメラ部10選2015についてはこちら
»東京カメラ部10選2014についてはこちら
»東京カメラ部10選2013についてはこちら
»東京カメラ部10選2012についてはこちら

参加予定メンバー(敬称略)


鈴木芳澄、中本早紀、長尾岬生、Yoshiyuki Harada、金鋭、yuria、香川美穂、Sallu、野上香織
Nandin Yuan、中田久美子、小林海太郎、眞鍋久徳、和合幸恵、加藤康朝、石田卓士、下園啓祐、氏原正智(Uzzy)、shabon、
和-KAZU-、Kyon.J、小林修士、小山満太郎、鈴木悠介、高橋伸哉、高藤大稔、Shinji Nakajima、橋向真、半田菜摘、
浅岡省一、北川力三、eam、黒田明臣、本間昭文、八木進、松岡こみゅ、伊藤公一、柴田昭敬、
Hidetoshi Kikuchi、別所隆弘、松永亨、宇賀地尚子、内山慎吾、井上浩輝、Hengki Lee、藤原嘉騎、NORIKO NAGAIWA、
八木千賀子、鈴木貴志、KOUJI TOMIHISA、Jason Arney、アキラ・タカウエ、中西朋、柄木孝志、
福田悟、Sho Shibata、千田智康、菊池賢二、原朋士、小池ひとみ(計60名)

作品点数

10選2018の作品を含む約1,200点(予定)

開催日時

2019/7/12(金)~2019/7/15(月・祝)
午前11時~午後8時
※一部、開催時間が変更になる可能性があります。こちらで情報を更新いたしますのでご確認ください。

入場料

無料
※予約不要
※本写真展は会場での写真撮影とFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアへの公開が可能となっています。ぜひ会場の様子を多くの方にお伝えください。

東京カメラ部10選 2016 写真展

9F「ヒカリエホール ホールA」

〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
アクセス方法についてはヒカリエのサイトをご確認ください。
»渋谷ヒカリエ

【主催】
東京カメラ部株式会社

【サポート企業】
キヤノンマーケティングジャパン株式会社、ソニーマーケティング株式会社、T&D保険グループ、
株式会社ニコンイメージングジャパン、富士フイルム株式会社

【協力】
滋賀県 長浜市、滋賀県 高島市、栃木県 足利市、仁和寺、広島県、北海道 帯広市(ばんえい十勝)、北海道 美瑛町

【プリント協力】
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社

【特別協力】
渋谷ヒカリエ、アサヒカメラ、日経ナショナル ジオグラフィック社

returnTop